デジタルサイネージ【コンテンツ】制作会社ランキング!

閲覧数:1177

デジタルサイネージとは、店舗や公共施設などに設置された大型ディスプレイやタブレットなどのデバイスで、動画や画像などのコンテンツを表示するシステムです。デジタルサイネージは、情報伝達や広告宣伝、ブランディングなどの目的で利用されており、近年ではコロナ禍における感染防止対策としても注目されています。

デジタルサイネージを導入する際には、コンテンツの制作が重要なポイントとなります。コンテンツは、デジタルサイネージの目的や設置場所、視聴者の属性などに応じて最適化される必要があります。また、コンテンツは定期的に更新することで、新鮮さや興味を持続させることができます。

しかし、コンテンツの制作は、専門的な知識や技術が必要であり、自社で行うのは困難な場合も多いです。そこで、デジタルサイネージコンテンツ制作会社に依頼することがおすすめです。デジタルサイネージコンテンツ制作会社は、クライアントのニーズに合わせてオリジナルのコンテンツを企画・制作・配信するサービスを提供しています。

では、どのようにしてデジタルサイネージコンテンツ制作会社を選ぶべきでしょうか?ここでは、以下のポイントを参考にしてください。

  • 制作実績:デジタルサイネージコンテンツ制作会社の制作実績を確認しましょう。自社の業種や目的に近い事例があるかどうか、コンテンツのクオリティや効果はどうかなどをチェックしましょう。
  • 制作費用:デジタルサイネージコンテンツ制作会社の制作費用は、コンテンツの種類や規模、更新頻度などによって異なります。自社の予算に合ったプランがあるかどうか、追加費用や保守費用などが発生するかどうかなどを確認しましょう。
  • 制作体制:デジタルサイネージコンテンツ制作会社の制作体制を確認しましょう。担当者やチームの人数や役割、コミュニケーションの方法や頻度などを確認しましょう。制作プロセスや納期、修正回数なども明確にしましょう。

制作会社ランキング

以上のポイントを踏まえて、おすすめのデジタルサイネージコンテンツ制作会社をランキング形式で紹介します。基準に基づいてランキングを作成しましたが、あくまで参考程度にしてください。

1位:DDS(デジタルデザインサイネージ)

DDSは、デジタルサイネージコンテンツの企画・制作・配信・運用を一貫して行う会社です。デジタルサイネージの設置場所や目的に応じて、最適なコンテンツを提案してくれます。また、自社開発のCMS(コンテンツ管理システム)を利用することで、コンテンツの更新や管理が簡単にできます。さらに、デジタルサイネージの効果測定や分析も行ってくれます。

DDS

2位:Cloudpoint

Cloudpointは、デジタルサイネージ関連に深い実績のある会社です。によると、日本初の屋外型デジタルサイネージ「ビッグエコー」や、日本初のインタラクティブ型デジタルサイネージ「エコービジョン」などのプロジェクトに携わっています。また、自社開発のCMS「Cloudpoint」を利用することで、コンテンツの配信や管理が容易にできます。

Cloudpoint

3位:teamLab

teamLabは、アートとテクノロジーを融合させたデジタルサイネージコンテンツを制作する会社です。美術館や博物館などの文化施設や、商業施設や空港などの公共施設などで、インタラクティブなデジタルアート作品を展示しています。また、自社開発のCMS「teamLab CMS」を利用することで、コンテンツの配信や管理が可能です。

teamLab

4位:シグナビスタ

  • デジタルサイネージのコンテンツ制作に特化した事業
  • オリジナルのテンプレートやアニメーションを提供
  • 企画提案も得意

シグナビスタ

5位:リコー

  • デジタルサイネージの販売・設置・運用・管理をトータルでサポート
  • リコーの高品質なディスプレイや再生機器を利用
  • 価格はディスプレイや再生機器によって異なる

リコー

デジタルサイネージコンテンツの人気記事

サイネージコンテンツの作成費用の相場は?

6位:デジタルクルーズ

  • デジタルサイネージの導入から運用まで一貫して対応
  • コンテンツ制作や更新も任せられる
  • 価格は見積もりによる

デジタルクルーズ

7位:ビジュアライズ

  • デジタルサイネージのコンテンツ制作や配信を行う会社
  • クリエイティブなデザインや映像を提供
  • 価格はコンテンツの内容や規模によって異なる

ビジュアライズ

8位:エムエムシー

  • デジタルサイネージの企画・制作・運用を行う会社
  • タッチパネルや顔認証などの最新技術を活用したコンテンツを提供
  • 価格はプロジェクトによって異なる

エムエムシー

9位:アドバンスドメディア

  • デジタルサイネージのコンテンツ制作や配信を行う会社
  • 音声認識や音声合成などの人工知能技術を活用したコンテンツを提供
  • 価格はコンテンツの内容や規模によって異なる

10位:エムアールエス

  • デジタルサイネージのコンテンツ制作や配信を行う会社
  • 3D映像やVR/ARなどの先進的な技術を活用したコンテンツを提供
  • 価格はコンテンツの内容や規模によって異なる

まとめ

ランキング形式で発表しました。ここに出ている企業は安心の会社ばかりです。この中から、自社にあったコンテンツ制作会社を選んでみてください。一緒に企画を考えてくれる親身になってくれる会社が見つけられると、自社事業の成績も伸ばせるはずです!