動画制作 企画 書の作り方【基本編】

閲覧数:266

動画制作の企画書を作成する際には、以下のステップに従って、詳細かつ明確な内容をまとめましょう。

動画制作 企画書作成ステップ

  1. タイトルと目的: 企画書のタイトルを明確にし、動画制作の目的や目標を簡潔に記載します。
  2. 概要: 動画のストーリー、内容、テーマなど、全体像を把握できるように要約します。
  3. ターゲットオーディエンス: 動画の対象となる視聴者層を明確にし、彼らが何を求めているのかを簡潔に説明します。
  4. スタイルとトーン: 動画のスタイル(例:ドキュメンタリー、アニメーション、インタビューなど)やトーン(例:シリアス、コメディ、インフォメーションなど)を記述します。
  5. ストーリーボード: シーンごとに構成される動画のビジュアル概要を示すストーリーボードを作成します。これにより、撮影や編集の際にどのような映像が必要かを把握できます。
  6. スクリプト: 動画の台本を作成し、登場人物のセリフやナレーションの内容を詳細に記述します。
  7. 製作スケジュール: プロジェクトのタイムラインを設定し、各フェーズの期日や担当者を明記します。例えば、プリプロダクション、撮影、編集、ポストプロダクションなどの工程を含めます。
  8. 予算: 動画制作に必要な費用を詳細にまとめ、各項目ごとに予算を割り振ります。例えば、機材レンタル、スタッフ報酬、ロケーション費用、編集ソフトウェアのライセンスなどを含めます。
  9. 添付資料: 企画書に関連する参考資料、イメージ画像、資料などを添付します。これにより、企画のビジョンが伝わりやすくなります。

企画書を作成する際には、分かりやすく簡潔な表現を心がけ、プロジェクトの魅力が伝わるように工夫してください。最後に、企画書をチェックし、誤字脱字や不明瞭な部分がないか確かどうかを確認してから提出しましょう。また、以下のポイントにも注意してください。

動画制作 企画書作成のポイント

  1. 企画書のデザイン: 企画書のデザインやレイアウトも重要です。視覚的に魅力的で分かりやすいデザインにすることで、企画の印象が向上します。
  2. クリアなコミュニケーション: 企画書には、プロジェクトの全ての側面に関する情報を明確かつ簡潔に記載し、誤解や疑問が生じないように心がけましょう。
  3. 成果物の予測: 動画制作が完了した際に得られる成果物や効果(例:視聴者数、シェア数、リード獲得など)についても触れておくと、企画の価値が伝わりやすくなります。
  4. チーム紹介: 動画制作に携わるチームメンバーや役割を紹介し、彼らのスキルや経験をアピールすることで、企画の信頼性が高まります。
  5. 参考事例: 類似の動画制作プロジェクトや成功事例を参考にし、それらとの違いや独自性を強調することで、企画の魅力をさらにアピールできます。

企画書が完成したら、関係者やステークホルダーに提出し、フィードバックを受けましょう。フィードバックをもとに改善点を見つけ、企画書をブラッシュアップすることで、より効果的な動画制作プロジェクトを進めることができます。

動画制作に関するおすすめ記事

動画制作 流れ を理解しよう!プロジェクト成功への鍵

動画制作 コツ と成功への鍵:究極のガイド

おもしろい 動画企画 の構成例

おもしろい動画企画が思いつかない場合は、以下からヒントを得て、独自の動画企画を作ってみてください!

おもしろい動画制作企画の例を挙げます。この企画は、ユーモアとエンゲージメントを重視した動画コンテンツを目指しています。

動画企画タイトル

「タイムトラベル・インタビュー」

動画の目的

視聴者を楽しませ、笑いを提供することでチャンネル登録者数やシェア数を増やす。

動画の概要

過去の歴史上の人物や未来の人物を現代にタイムトラベルさせ、インタビュー形式でトークを繰り広げる動画シリーズ。

ターゲットオーディエンス

15~40歳の男女で、ユーモアやエンターテインメントに興味がある層。

スタイルとトーン

コメディとインタビュー形式を組み合わせたスタイル。明るく楽しいトーンで、視聴者が笑いながら学べる内容。

ストーリーボード

  1. オープニングでアンカーが登場し、タイムトラベル・インタビューの趣旨を説明。
  2. ゲスト(歴史上の人物や未来の人物)が登場し、アンカーとのやりとりが始まる。
  3. アンカーがゲストに、彼らの時代の出来事や文化に関する質問を投げかける。
  4. ゲストが現代の出来事や文化について質問し、アンカーが回答する。
  5. クロージングで、アンカーが次回のゲストを紹介し、視聴者にチャンネル登録やシェアを促す。

スクリプト

  • オープニングでアンカーが視聴者に向けて挨拶
  • アンカーがゲストを紹介し、彼らの時代に関する質問を行う
  • ゲストがアンカーに現代に関する質問を投げかける
  • アンカーとゲストがユーモアを交えたやり取りを続ける
  • クロージングでアンカーが次回のゲストを紹介し、視聴者にチャンネル登録やシェアを促す

製作スケジュール

1.プリプロダクション

企画立案、キャスティング、スタッフ調整、ロケーション選定(2週間)

2.撮影

セットアップ、リハーサル、本番(2週間)

ここでは、必要なセットの準備、照明の設定、カメラの位置決めなどのセットアップ、出演者とスタッフのリハーサル、そして実際の撮影が行われます。

3.編集

カットの選択、ビデオと音声の編集、特殊効果の追加(3週間)

撮影された映像から最適なカットを選び、順序を決めて連結します。音声を調整し、必要に応じて音楽や効果音を追加します。そして、特殊効果やテキスト、グラフィックなどを追加して完成度を高めます。

4.レビューと修正

企画者や関係者からのフィードバックを受けて修正(1週間)

編集が完了した動画を企画者や関係者に見てもらい、そのフィードバックをもとに必要な修正を行います。これにより、完成度がさらに高まります。

5.公開とプロモーション

動画の公開とマーケティング活動(1週間~)

動画を公開プラットフォームにアップロードし、視聴者に向けて公開します。同時に、SNSやウェブサイトなどを使ったマーケティング活動を行い、動画の視聴者を増やすためのプロモーションを展開します。

※以上のスケジュールはあくまで一例であり、具体的なスケジュールはプロジェクトの規模や内容、目標などにより変わることをご了承ください。